債務整理 相談

債務整理は

「債務整理」は、多額の借金を負った方が、家計を復活するために、借金の気がかりを分裂又は、ストップしてもらう手です。
手順としては、主に「任意整理(示談)」「自己破産(破産・免責)」「個人再生」の3種類があります。

 

いずれの手順でも、それではこれまでの貸金企業との取り引きを、利息制限法で定めた金利において再査定をします。
再査定の結果、残った借金を3〜5階層(36〜60回)程度の分割払いで完済できそうであれば、任意整理を行ないます。任意整理でパーセンテージが立たないときは自己破産や個人再生を検討していくことになります。
また、利息制限法の定めを超えた金利で長期間の取り引きがあった場合は、利息制限法に基づく金利での再査定の結果、借金が0になり、さらに払い過ぎた利息、いわゆる「過払い金」を取り戻せる可能性もあります。

 

 

 

任意整理は

任意整理は、貸金企業って交渉して借入金おでこ全体を減らしたり、月々の返済おでこを燃やすことで、現在の払い出しよりも気がかりを軽くする手順です。

 

弁護士が代わりの場合、お客様という月払い出しに回せる対価について議論し、企業って示談交渉をしていきます。
示談折衝は、自己破産や個人再生などのように裁判を通す手順ではなく、利息制限法の金利で計算し直した負債に関しまして、貸金企業といった、利息の節減や分割数に関しまして交渉し、今後の返済算段を議論で決めていきます。

 

※高い利息で長年返済やる場合は、過払い金が発生することもあります。
※取り引きが短期間の場合や無心返済の場合、また、当初からの取り引きが利息制限法の法定メンタル金利での取り引きの場合等は、企業との折衝が難航したり、あまりお願い輩にメリットがないことがあります。

 

 

任意整理ができる規則

任意整理をする場合には、まず原則として、安定した見返りがあることが必要です。また、見返りから、義務生活費を差し引いた対価(可処分報酬)の中で返済を行なっていくため、この可処分報酬を充分に確保できることが好ましいです。

 

可ケア報酬=見返り-生活費(建物費取り込む)

 

 

任意整理のメリット・デメリット

メリット@貸金企業からの催促が居残る
消費者金融やクレジット団体からの督促は、弁護士に依頼することで止まります。
※貸金業法21条で、貸金企業は、弁護士や司法書士から受任通知を受け取った際、のち自身に連絡する事は禁止されています。

 

メリットA利息のカットで完済のパーセンテージが立ち、将来の不安も解消されます
任意整理後の払い出しに関しては、原則として利息をカットするよう交渉します。その時に決めた返済計画通りに支払っていけば、払った分だけ確実に借金(元本)が減っていくので完済時分が明確になります。

 

貸金業法が改定され、満杯金利が下がったといっても、15〜20パーセントという金利ではなかなか借金がなくならないという方も多いと思います。
また、何時完済できるのかわからない返済を続けるよりも、完済の目算が立っていらっしゃる状態で返済していった方が、毎月の返済に対する精神的な気がかりも変わります。

 

※企業や取り引き用にもよりますが、完済までの分割払い出し数の配置は36〜60回(3〜5階層)です。

 

メリットB手順やる企業を選べます
例えば、クルマ貸付のように、手順を取り去ることで小物を引き揚げられてしまう品物や、勤務先からの賃借のように総括が厳しいものを除外することも可能です。

 

メリットC返済期間が長い皆様は過払い金を取り戻せる可能性があります
法定金利で計算し直してみたところ、実はもう返済が終わっていて、しかも過払い金があった、に関してもあります。

 

 

デメリット@信用情報に不幸要領が登録される
信用情報機関(CIC、JICC、全銀協)に5通年その収録が存続され、その間、新たな借入が難しくなります。また、企業は信用情報の収録を定期的にチェックしているので、総括対象外(メリットB)としたカード団体のカードが使えなくなる可能性もあります。

 

 

デメリットA自己破産、個人再生手続に比べ、総括後の払い出しが大変な場合も
法定金利に引き直してカットされた借金とはいえ、原則として借金ALLを払う手順ですので、自己破産や個人再生等の法的な手順に比べると、期待していたよりも借金が減らず毎月の返済おでこもさほど変わらない、に関してもあります。

 

 

任意整理手続の方向

任意整理は、弁護士と貸金企業との示談折衝にて進められます。
示談折衝は以下のような流れで行なわれます。

 

1.家計風向き(差し引き風向き)・資金状況の理解
2.弁護士にお願い
3.取り引き目次の奪取
4.利息制限法に基づく割り引き訂正査定
5.示談折衝
6.返済起動

 

 

 

 

自己破産は?

自己破産は、裁判としてプラスを清算し、借金をストップしてもらうことです。一般的に、「破産手続をとれば借金がストップ受ける」と認識されることが多いですが、厳密には正しくありません。一般的に仰る破産手続は、「破産」という手順という、「免責」という手順に分けられます。破産手続は、プラスをケア(換価=現金化)して債権者に配当やる、という手順です。
それでも残ってしまった借金をストップしてもらうのが、免責手続です。

 

つまり、自身の見返りでは返済を継続することができなくなり、処分しうるプラスを処分しても、でも払い切れない借金が残ってしまったら、それをストップしてもらいます。この2つの手続きは、基本的にセットで受けるため、破産・免責手続を、単に「破産」といった叫ぶことが一般的になっています。

 

 

自己破産の取り柄

自己破産は、他の債務整理(任意整理、個人再生)の2つの手順と違い、決断勤めをストップしてもらう手順です。但し、決断勤めをストップしてもらう以外、それではめぼしいプラスがあれば処分する必要がありますし、また、借金を作ってしまった原因を仰ることもあります。

 

 

めぼしいプラスは?
ここで言う「プラス」ですが、破産手続前述、主に以下のようなものが目論見とされることが多いです。

 

 

破産手続前述プラスの対象となる品物

 

・高額な元手(100万円以外※)
・高額な預貯金
・不動産
・クルマ、バイク
・保険等の積立勘定(解約払戻し)
・退社勘定見越しおでこの一部
・未引き上げのローン勘定、など

 

※原則として破産しても元手は99万円まで手元に残せます。そのため、元手が100万円ある場合は一環1万円だけを精算すればいいことになります。

 

その他のプラス
たとえば洗濯機や冷蔵庫といった荷物までケア向かうといった、たとえ借金がストップされても、その後の家計が成り立たなくなってしまうので、原則としてケアの対象外となっています。

 

また、クルマなどを持っていても、処分するほどの価値が無いと裁判が判断した場合は、それを手元に残した状態で手順を進められることもあります。裁判を通じてその基準が少し変わることがありますが、東京地方裁判所の場合、処分しても20万円に満たないようなプラスであれば、ケアはしなくても良いって判断されます。

 

 

自己破産のメリット・デメリット

自己破産をする際、その後の家計について多くの不利益が生じるといった誤解されることがあります。いくつかのデメリットもありますが、実際には、それほど生活に影響するものではありません。

 

メリット@免責手続により借入金がなくなり、将来家計をするためのプラス、元手も残すことができます

 

 

デメリット@信用情報に、自己破産手続を取った真実が載ります
信用情報に、5〜10階層、自己破産手続を取ったという収録が残り、その間は、基本的に新たな借入はできなくなります。

 

 

デメリットA官報で公告されます
官報は、世界中が発行してある新聞紙のようなもので、人道が制定された際などに、それを公告するものですが、自己破産手続を取ると、官報に、手続用やニックネーム・住所などが明示されます。

 

ただし、お勤め先が定期的に官報をチェックしているような会社でない限り、一般の方がこれを見極めることは取り敢えず無いと言えます。現実的に、これによって自己破産手続を取ったことが他の方に知れてしまうという希望は低いと言えるでしょう。

 

 

デメリットB認可に統制がかかります
自己破産手続ミドルは、特定の認可に統制がかかったり、現職に就けなかったりすることがあります。その種類は多岐にわたりますが、身近なものだと、以下のようなものが挙げられます。

 

 

[自己破産手続中に就くことのできない現職]

 

・生命保険の募集他人
・警備員
・宅地住居取り引き企業
・自治体書士
・見物職責扱いオーナー

 

この認可統制は、その業務に関する法令などで定められています。
なお、認可に統制が鳴る年月は、基本的に手順が終わるまでとなっていることが多く、長期間にわたって統制がかかるものではありません。

 

 

自己破産の間違った実感
勘違いされぎみですが、以下のようなものは自己破産しても魅惑はありません。

 

自己破産を通しても魅惑のない品物
・パスポートの奪取
・住民票・戸籍への申請
・選挙権
・作業認可

 

 

免責手続のファクター

借金をストップしてもらう免責手続では、借金を通してしまった原因を仰ることになります。たとえば、見返りが下がってしまって生活費が不足してしまったために借金が膨らんでしまった、という原因であれば、免責されやすいですが、賭博が原因で作ってしまった借金、についてになると、免責され辛い、若しくは免責されない、といったこともあり得ます。こんな原因を「免責不許諾事由」といういい、主に以下のようなものが挙げられます。

 

賭博(競馬、パチンコ等々)
換金仕業(クレジットで小物を購入して、直ちに転売してしまうような仕業)名義貸し(自分は借金講じる義務が無いのに、他人のためにカードを作って、それを使わせるような仕業)株、先物取り引き

 

上記のような原因で作った借金は、免責“不許諾”事由に当たりますが、絶対に免責されないとも言い切れません。

 

 

 

こんな免責不許諾事由があっても、真剣に手順に取り組むのであれば、破産手続を管理する破産管財人の査定・決意の下「裁量免責」といって免責してくれています。

 

たとえば、パチンコで借金を作ったという他人も
@かつてどれだけパチンコをし、それが原因で借金を作ったのかを正直にアドバイスし、
A現在はパチンコはサッパリやっておらず、
B借金に頼らない健康的な生活を営んでいる
のであれば免責くださるのが普通です。

 

実際アドバイスが不許諾になった状況は、プラスを隠したり、裁判への出頭期限に欠席したりといった場合がほとんどです。

 

 

自己破産手続後の家計にあたって

自己破産手続引き返し、借金はストップされ返済に追われることはなくなります。

 

ただし、一時的に認可統制がかかったり、新たな借入れやクレジットカードの敢行などができない階級が5〜10階層ほど続きます。そのため、就かれていらっしゃるお売買によってはその売買を続けられなかったり、カードが使えないことでクレジット清算などができなくなったりします。

 

 

 

 

個人再生は

借金に対する法的総括としては自己破産(破産・免責)手続の認知度が高いですが、いまひとつ法的総括の秘訣として、個人再生手続があります。
この手続きは、借金を緊縮(カット)し、それを3年間で払うことができれば、空席はストップ受けるという手順です。

 

 

個人再生の種類

個人再生手続には、「小さめ個人再生」という「サラリー報酬輩等々修復」の2つがあります。
この2つでは、返済していく対価(低質弁済額)と、債権者の承認の有無に違いがあります。

 

当会社としては、日常返済おでこが小さくなる小さめ個人再生をされるようにお勧めしています。
後半しますが、戦い債権者が大抵になりそうな場合に限り、サラリー報酬輩等々修復をお求めしています。

 

 

債権者の承認が義務か否か

個人再生手続では、借金の一部を返済しないことになるため、手続きの中で、債権者から承認を得るか、持論を聴取する必要があります。

 

 

小さめ個人再生の場合

 

債権者の大抵が戦いしないことが必要です。

 

なお、この大抵の戦いがないというためには、単に債権者の頭数の大抵が戦いしないだけでなく、負債の大抵の債権者が戦いしないことが必要です。
そのため、たとえば5オフィスから料金300万を借りていた際、そのうち4オフィスが同意したとしても、不承認だった1オフィスから借りていた金額が200万だったとすると、負債では大抵を超えていないので、小さめ個人再生は認められない、ということになります。

 

サラリー報酬輩等々修復の場合
債権者の承認を得る必要がありません。そのため、全ての債権者が修復算段に戦いしたとしても手順を繰り広げることができます。

 

 

個人再生のメリット・デメリット

 

メリット@貸金企業からの催促が居座る
メリットA任意整理に比べ、借金の大幅なカットができる
メリットB規則が整えば、民家を手放さずに手順ができる

 

 

デメリット@信用情報に、個人再生手続を取った真実が載る
信用情報に、5〜10階層、個人再生手続を取ったという収録が残り、その間は、基本的に新たな借入はできなくなります。しかし、任意整理を取った場合でも、その収録が信用情報に最長で5階層残るため、借入ができないという状況は変わりません。

 

 

デメリットA官報で公告受ける
官報は、世界中が発行して要る新聞紙のようなもので、人道が制定された際などに、それを公告するものですが、個人の審判用なども掲載されるため、個人再生手続を取ると、官報に、手続用やニックネーム・住所などが明示されます。
しかし、お勤め先が定期的に官報をチェックしているような会社でない限り、一般の方がこれを見分けることはとりあえず無いと言えます。現実的に、これによって個人再生手続を取ったことが他の方に知れてしまうという希望は低いと言えるでしょう。